日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

高齢者・障害者等の海上移動における問題点に関する調査研究調査報告書

 事業名 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


IV-5. 高齢者・障害者等の接遇のあり方の提言

IV-5-1. 高齢者や障害者に対する接遇・介助の基本的な配慮事項

高齢者や障害者に対する接遇・介助にあたっては、高齢者や障害者の移動特性を理解し適切な介助技術を修得することが大切であることは当然であるが、最も大切なことは相手を思いやる、尊厳をもって対応するという基本的な心構えを持つことである。

そこで、行程別、障害別の接遇・介助について述べる前に、高齢者や障害者に対する基本的な配慮事項について整理をしておく。

 

IV-5-1-1. 障害のある人へのエチケット

1] 障害のある人に対するお手伝いは人間として当然の行いである。特に意識することなく、ごく自然な気持ちでお手伝いすることが大切である。障害のあるなしにかかわらず、人間はみなお互いに助けられて生きているということを認識しておくことが必要である。

2] 人間ひとりひとりが千差万別であるように、障害のあるひとりひとりも全て異なる人格を持っている。また、同じ障害の種類の方であっても移動特性はひとりひとり異なっている。「障害者」とひとまとめに考えるのは混乱のもとである。ひとりひとりが別々の人格であり、移動特性も異なっていることを認識することが、障害のある人に対するエチケットの基本である。

3] 障害のある人のお手伝いをするときは、まず、声をかけることが大切である。黙っていきなり身体に触れたり、車いすを押したりするのは、失礼でもあり、相手を驚かせたりすることになるので控えるべきである。

4] 障害のある人が困っているのを見かけたら、その人が何をしてほしいのかを聞くことが大切である。前述のように障害者の人格と移動特性はひとりひとり異なっている。ひとりよがりに手を出すのは、親切ではなく、お節介になる場合もあるということを認識する必要がある。

5] 障害のある人自身も自分にとって円滑かつ安心して受けられる介助のされ方を工夫しているため、どういう介助をしたらよいかを本人に聞くことが望ましい。

6] 障害のある人を特別視したり、無能力扱いをしないことが障害のある人に対して最も理解ある態度である。同情にもとづく言動や過剰な対応をとることは、かえって障害者自身の自立心や自尊心を傷つけることになる。必要なときには快くお手伝いすることが大切である。

出所;体の不自由な人びとの福祉 1996 財団法人テクノエイド協会

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,524位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
5,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.欧米主要国における高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査報告書
2.公共交通ターミナルバリアフリー度評価報告書
3.旅客船バリアフリー?設計マニュアル
4.案内用図記号の統一化と交通、観光施設等への導入に関する調査報告書
5.海・沿岸域の総合的活用のための人づくりと組織づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から