日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

第3回「俳句甲子園」ガイドブック

 事業名 第3回俳句甲子園の開催
 団体名 松山青年会議所 注目度注目度5


支援団体

 

主催/社団法人 松山青年会議所

特別協賛/日本財団 The Nippon Foundation

後援/愛媛県・愛媛県教育委員会・松山市・松山市教育委員会・子規新報・松山大学・四国郵政局・愛媛経済同友会・松山商工会議所・愛媛新聞社・NHK松山放送局・南海放送・テレビ愛媛・あいテレビ・愛媛朝日テレビ・FM愛媛・愛媛CATV・タウン情報まつやま(順不同)

 

ごあいさつ

 

今年も正岡子規が生まれ育ったこの地に皆さんをお迎えして、ここ「俳都」松山で俳句甲子園を開催することができました。3回目を迎える俳句甲子園は、今回から全国大会となり全国各地から多くのみなさんに参加していただくことができました。これもひとえに多くの市民の皆様や、企業・団体の方々の多大なご支援ならびに、ご協力の賜物と感謝申し上げます。

ここ愛媛県には、正岡子規をはじめとする幾多の多彩な俳人を輩出した伝統的風土があります。俳句は五・七・五のわずか十七音にいろいろな思いや事象を凝縮した日本が世界に誇る文学です。一方で俳句は本来、言葉遊びの要素を根源的に含んでおり、「座」に集う人々が楽しむ大衆の文芸でもあります。21世紀の主役である高校生の皆さんに、子規がそれまでの殻を破り俳句を革新したのと同様に、新しい俳句の魅力を引き出していただくことを期待しています。

8月19・20日の2日間と短い期間ではありますが、選手の皆さんはお互いに交流を深め、友情を育んでください。そして俳句の楽しさや手軽さを感じとってください。また、遠方よりお越しの皆さんは松山を満喫して帰ってください。

私たちは、俳句甲子園を通して地域間・世代間の交流の輪が、今後日本全国へ、世界各国へ広がるよう松山から情報発信を続けてまいります。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

第3回俳句甲子園大会会長

(社)松山青年会議所理事長

三宅浩正

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,629位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
907

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.第3回「俳句甲子園」全国大会開催結果報告書
2.第3回「俳句甲子園」募集チラシ
3.第3回「俳句甲子園」募集ポスター
4.第3回「俳句甲子園」全国大会アンケート結果
5.報告書「思い出ブック」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から