日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(3) 機器の電源を投入するときの各調整器の操作についての注意事項

(a) 機器に電源を供給する主電源スイッチ(配電盤、分電盤等のスイッチ)を投入するときには、負荷となる各機器の電源スイッチは断の状態にしておくこと。

(b) 各機器の取扱説明書に従って機器の電源を投入する。投入の順序が規定されている場合、予熱時間等があって、その時間を経過しないと次に進まない場合もあるので注意すること。

 

5・1・4 機器の点検整備上の注意事項

(1) 機器の操作等を行うための注意事項

(a) GMDSS関連機器は電波を発射する機器を含むので、必ず有資格者の立会いのもとか、あるいは有資格者の了解を得て作業に取りかかること。

(b) 整備作業をすすめるにあたっては、作業の対象となる機器についての回路理論、回路動作、機械、機構部分の構造等について、当該機器の取扱説明書、技術参考書、装備要領書などによって日頃からよく理解しておくよう努めておくこと。

(c) 作業に当っては、5・1・2の安全に関する心得を十分理解し、安全確保に細心の注意を払って作業を行うこと。

 

(2) 作業を外注する場合の注意事項

作業の一部を造船所が施工するか、あるいは外注するような場合には、事前に詳細な工事区分についての打合せを行い、かつ、工事計画に基づいた作業について、十分な指導や依頼を行うことが必要である。

 

(3) 機器の現状についての診断

作業に着手する前に、機器の配置の状態と性能の状態及び船舶の運航計画等を確認するとともに、本船から状況を聞き取り調査して、問題点等についてはより綿密に調査を行い、現状を把握しておかなければならない。

 

(4) 故障箇所の調査

故障個所を発見するには、まず機能の全体的な面から問題点をとらえ、次に回路系統に区分し、最後に細部に及ぶように系列的に調査を行うことが必要である。

故障に至った派生的なあるいは二次的な原因のみに対処しても、一次的な原因(本当の故障原因)を取り除くことはできない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
688位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
13,996

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から