日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第5章 点検整備要領

 

5・1 点検整備と保守上の注意事項

GMDSS関連機器は、船舶の航行の安全上欠かすことのできない重要な機器であり、同時に高度な電子機器でもあるので、その取扱いには細心の注意を払い、作業目的や作業順序を十分に理解した上で点検整備を行わなくてはならない。

作業を行うに当って心得ておくべき基本的な項目を以下に列挙する。

 

5・1・1 警報の誤発射防止のための注意事項(機器の内容についての知識)

GMDSS関連機器の中には、その操作を誤ると警報を発射するものがある。まず扱う機器の内容について取扱説明書で十分理解し、取付け、取外し、整備後の通電の際等には、その取扱方法について絶対にまちがえないよう確認しながら作業を進めること。

万一、誤発射した場合、最寄りの海上保安部の通信課に直ちに連絡できるように準備しておくこと。

 

5・1・2 点検整備にあたっての安全に関する諸注意事項

GMDSS関連機器の点検整備は、空中線のような高所作業を伴うものから、機器によっては高圧を使用する等、危険を伴うものもあり、又作業環境が輻輳するなかで実施しなければならない場合もあるので、以下に述べる安全に関する各事項を遵守して、点検整備が安全のもとに完了するよう努めること。

(1) 安全な作業を行うための基本的注意事項

(a) 服装は、周囲の器物や機械等に引掛り、転倒や転落事故を起こすことのないようにし、感電やけがをしないように、寒暑にかかわらず上着は長袖を着用すること。

(b) 履物は、安全靴を履くこと。鉄鋲をうった靴は絶対に使用しないこと。

(c) 安全帽の着用に当っては、安全帽の内側の上部と頭の隙間が約40mm、その側面は約25mm以下にならないように調節し、必ずあご紐を結ぶこと。

(d) 安全ベルトを着用する時は、自分に合ったものを使用し、腰より上に着用し、かつ、ずり落ちないようにしっかり着けること。

(e) 作業用の工具や器具は、歩行者通路上には置かないこと。

(f) 通路や階段等を歩行する場合は、走ったり飛んだりしないこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
689位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
14,050

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から