日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


しかし、実際はこの 100μsの間に12回幅300MHzをのこぎり歯状に変化させているため、尾のうちの受信可能な部分のみが映像として現れ、12点の破線の尾となる(のこぎり歯状の電圧の急速立上り部に一部短時間の受信信号があるので、よく見るとこの尾は破線でなく一点鎖線である)。このような連続の短点が捜索救助用のトランスポンダーの識別符号として規定されている。レーダーがSARTに近付くとその空中線の向きに関係なくSARTは応答をするので、映像は同心円となり、遭難者に近付いたことが分かり、またSARTの受信音も連続になる。

レーダー・トランスポンダーの電源は一次電池で、当面、二酸化マンガン・リチウム電池が使用されている。

前項の非常用位置指示無線標識装置はそれ単独では装置へのホーミング機能はない。したがって、このためGMDSSでホーミング装置であるレーダー・トランスポンダーを遭難船と生存艇に併せて積付けることがワンセットとなり、この方も非条約船にも装備されるように決定されている。船舶救命設備規則の第40条(及び関連の船舶検査心得)にその性能要件の規定があり、電波法関係では、このトランスポンダーは「捜索救助用レーダー・トランスポンダー」と呼ばれ、無線設備規則の第45条の3の2に性能規定と別に指定周波数帯の告示がある。

 

2・7・1 レーダー・トランスポンダー(SART)の概要

船舶又は航空機に装備されている9ギガヘルツ帯のレーダー電波に応答して同じ9ギガヘルツ帯の電波をレーダー・トランスポンダーから発信し、それを船舶又は航空機のレーダー映像面に発信位置を一列の輝点で表示させるホーミング装置である。船舶からのレーダー・トランスポンダーの探知距離はSARTの海面上の高さ及びレーダーの空中線の高さにより変り、数海里であるが、航空機ではさらに遠くから遭難者を発見できる。

このレーダー・トランスポンダーは、船舶安全法上の名称で、電波法では捜索救助用レーダー・トランスポンダと呼ばれている。IMO決議A.604 15]「捜索救助活動に使用する生存艇用レーダー・トランスポンダーの性能標準」の概要を次に示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
688位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
14,021

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から