日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


MSC 67/22/Add.1 ANNEX 17

APPENDIX 1(追補1)

PERFORMANCE STANDARDS FOR "AUTOTRACKING"

自動追尾装置の動作基準

 

1 まえがき

自動追尾装置は、海上における衝突防止の基準を改良するため:

.1 手動で単一の物標をプロットできると同様に、数個の離れた物標について、自動的にプロットされた物標に関する情報を観測者に得させて、観測者の負担を軽減する。

.2 連続的で正確で早い状況評価を供給する。

 

2 定義

この作動基準に使用される用語の定義は、このAPPENDIXのANNEX 1に与えられている。

 

3 動作基準

3.1 検出

3.1.1 レーダー観測者による以外に、物標の検出について独自の機能を有する場合、レーダー表示器を用いることによって得られるよりも劣った性能でないこと。

 

3.2 捕捉

3.2.1 100ktまでの相対速力のもとで、手動の捕捉と消去ができる機能を有すること。

3.2.2 手動捕捉は、レーダー表示器の使用者によって得られるよりも劣った性能でないこと。

 

3.3 追尾

3.3.1 自動追尾装置は、自動的に追尾し、処理し直ちに表示して、連続的に10個以上の物標について情報の更新ができること。

3.3.2 自動追尾装置は、物標の乗移りを発生しないという条件のもとで、連続10走査のうち、5走査について表示器上に明らかに識別可能な捕捉物標を追尾し続けること。

3.3.3 物標の乗移りを含み、追尾の誤差の可能性は、自動追尾装置の設計によって最小にすること。自動追尾のときの誤差源の影響、及び誤差源に基づいて生ずる誤差を、数値的表現で使用者に提供すること。これには海面反射、雨、雪、低高度の雲及び非同期放射が原因となって発生する信号対雑音比の低下、及び信号対クラッタ比の低下による影響を含むものとする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
748位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
13,165

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から