日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・3 各ユニットの配置、導波管及び電路の布設

2・3・1 空中線部

(1) 取付け場所の選定

(a) 空中線の高さ

船舶用レーダーにおいて、個々の性能以外で探知距離に関係するものに、レーダー空中線部の装備高さがある。空中線部の装備高さは船の喫水線から測り、これが高いほど遠距離の物標の探知が可能となる。それでは高ければ高いほどいいかというと、余り高く設置すると、近距離における海面反射の範囲が広くなり、この中にある小型船などの小物標のエコーが判別しにくくなる。さらに、3ユニットタイプの場合には、装備導波管が長くなって、電波の伝送損が増え、(導波管の損失は往復路のため2倍の影響を受ける。2・3・5(1)項参照)受信信号強度が落ちるなどの不具合を生じる。

結局、空中線部の装備高さは、通常喫水線上12〜18mとなっている場合が多い。しかし、装備高さはレーダー本位に考慮されることは少なく、船体構造物がレーダー監視上の障害となり、これを回避するようにすると、実際は相当に高くなるのが普通である。このことから、3ユニットタイプを使用する中型船や大型船では、導波管の長さが15m〜20mぐらいになるのが一般的である。2ユニットタイプは、小中型船に装備されることが多く、ケーブルの長さを10m以内で装備する方がレーダーの性能上望ましいので、空中線の高さは、おのずから決定される。

空中線の高さによる物標の可能探知距離は次式によって概算できる。

121-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
747位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
13,086

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から