日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・9・7 救命設備

船舶が遭難し、船体が危険に瀕した場合は乗組員や旅客の救難は救命艇、端艇、救命いかだ、その他救命具によらざるを得ない。また、それ以前に船内の人々に対し、警報を発するとともに、無線装置によって船外にいち早くこれを通報するための装置を設置することはもとより、更に救命艇に乗り移る場合の照明、自己点火灯、水密電気灯等の信号灯、救命艇の探照灯、無線装置等が装備されるよう船舶救命設備規則に規定されている。

 

2・9・8 漁船の特殊設備

漁船の種類によって設備内容もさまざまである。漁船の業務目的によって、鯨油製造設備、かん詰設備、冷凍設備等が設けられる。また、漁ろう機械として次のようなものがある。

(1) トロールウィンチ 電動機によりトロール引網の巻き込みに使用される。

(2) 捕鯨ウィンチ 鯨にうち込まれた一番もり、二番もりの綱を巻き込むので、汽動式と電動式がある。

(3) 延縄巻上機(ラインホーラ) 電動機によって延縄を巻き上げるためのもので、通常は上甲板前部右舷側に設ける。

(4) 網上げ機 旋網漁船において、大形の網を船尾でくり上げるのに用いる、動力は通常主機関から軸伝導とする。

以上のほか、さんま棒受網用ウィンチ、サンドローラ、自動いか釣機等がある。次にさんま棒受網、いか釣及びさば釣漁船には集魚灯が漁法に利用されている。また、魚種により魚群の棲息に適した水温があるため、それを知ることによって、はじめて魚種に応じた捕獲が可能であるから、電気水温計が使用される。

次に漁船の船種別電気機器の主なものの一例を示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
579位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
16,959

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から