日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

第24回アジア太平洋造船専門家会議報告書

 事業名 造船専門家会議の開催
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


タイ

 

新ミレニアムにおける海事産業の諸課題

 

タイの造船産業

 

1. 序諭

1999年にはタイの海上荷動量は約1億2,200万トンに達した。この貨物量は国際航路で運航される外航船の計25,192航海により輸送されたものである。

タイの商船隊は約300隻、300万DWTから成る。すなわちこの船腹量に見合った修繕船需要が潜在する。造船業はわが国の内航・外航海運を支援する要素として登場した。近代的かつ生産性の高い造船業は、海外の船主からも受注して国の外貨収入と雇用創出に寄与することができる。一方、現在から将来にわたって造船産業が存在を全うするためには、内外海運業界の顧客に依存するところが大きい。したがって海運・造船産業は相互に不可欠な要素であるといえる。

現在、タイ政府は造船業の生産性を高め、雇用を増やし、関連産業の発展と自立を促すために、造船業の振興を図る決意を固めている。

 

2. タイ造船産業の現状

(1) タイ国内には約200の登録された造船所が存在する。うち約80%は建造能力100GRT未満の小型造船所である。タイの造船企業の規模は、他の先進国の造船企業と比べてあまり大きいものではない。

 

第1表 タイの造船企業の規模

133-1.gif

出所:1997年JICA専門家調査

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,269位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
3,310

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.全日本K400選手権大会2000プログラム・写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から