日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


以上のような取付け例であるが、天井面より灯具取付面までの寸法が長くなる場合は、必要に応じて支持部に電線馬及びステー(振れ止め)を取付ける。

(d) その他

機器台の溶接に際しては、台の機器取付面に歪みを起こさないように行う。また甲板のキャンバーやシャーなどに合わせ、合わせ代を切断し、水平を出して溶接する。

甲板に歪みがあり、台溶接個所の隙間が大きい場合は(図1.29)のようなコの字形治具を使用して金矢を打込み、甲板台のすきまをなくして溶接する。

壁などへ取付ける場合、台を寸法通り取付個所へ当てがって一担仮付け溶接し、水平と垂直の確認後、本溶接する。

 

470-1.gif

図1.29 コの字形治具使用要領

 

1.2.2 電線布設

(1) 一般

電線布設作業とは、船に装備された多数の電気機器がすべて完全に作動して、それぞれの機能を確実に果すよう機器総合間に電線を布設することであり、電線布設は電気艤装工事(電装工事)の中で最も大きな比重を占めている。電線を計測する方法としては、現場合わせで実測する方法と電線布設図等により図面上で設計段階で計測する方法がある。現場合わせで実測するのは計測は正確であるが時間を要するので、一部の照明装置用電線及び使用頻度の高い電線について採用され、それ以外は現場合わせより不正確ではあるが要する時間が少なくてすむため余長を何割か加え図面上で計測しているのが一般的である。

電線長は、一般に電装工事における予定工数を算出する目安としているが、これも正確ともいえないが、他に正確な目標がないのが現状である。電線布設には電線布設図が使用され布設される。

(2) 布設に対する諸注意

電線を布設するに当っては、布設中はもちろん布設後も、電線を傷めないような方法及び場所の選定等、十分に考慮し、電気装置の性能に、いささかも影響を与えてはならない。一般的には次のように注意して布設される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から