日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(2) 冷却水ポンプの自動切替

ポンプの自動切替は、ポンプに異常が発生した場合、使用中のポンプを予備ポンプヘ自動的に切替えるもので、圧カスイッチを使って吐出圧力が低下した時にスイッチの作動によりポンプを切替えるものと、過負荷又は無電圧リレーを使って切替えるものとがある。

(3) 冷却清水温度の自動調節

主機のジャケットを清水で冷却する場合、主機の良好な運転状態を保つためには常に主機入口又は出口の清水温度を一定に維持する必要がある。このために、冷却清水系統に自動温度調節装置を設ける。温度調節弁には、直動式又は空気作動ダイヤフラム調節弁が多く使用される。

直動式温度調節弁は感温部を内蔵し、弁を通る水温によって直接弁の開度を加減し、冷却器を通る水量はバイパス量を制御して温度を調節するもので、このような自動温度調節装置の例を図2.3.1図(イ)に示す。

空気作動ダイヤフラム調節弁は、主機入口又は出口に設けた感温部で検出した温度変化を、サーモリレーによって信号空気圧に変え、冷却器出口に設けた三方口ダイヤフラム調節弁を操作して、冷却器を通る水量をバイパス量の増減により制御し温度を調節するもので、主機入口温度を一定に制御する場合の自動温度調節装置の例を図2.3.1(ロ)に示す。

 

297-1.gif

図2.3.1 自動温度調節装置の例

 

(4) 冷却水膨張タンクの自動補給

冷却清水量が漏れなどによって減少した時、膨張タンクの水面の低下を検出して、直動あるいは空気又は電気作動の補給弁を開いて、清水圧力タンク又は連続運転式清水サービス系統より自動補給する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
380,737

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から