日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(2) パーティクルボード(チップボード)

木材を小片にし、有機質の接着剤で成型熱圧着したもの。

(3) ファイバーボード

木材を解繊し、加熱圧縮して成型板としたもの。

(4) アスベストフリー板

けい酸カルシウムを主材とし、耐アルカリ繊維を混ぜ合わせ強圧成型したもの。

(5) カセットパネル

薄い鋼板(0.4mm〜0.8mm)を箱型に成型し、中にグラスウールボードや岩綿板を入れたもので、内張材としては鋼板片面で、仕切材としては両面鋼板となっている。

主に耐火、防火構造として使用する。

 

16.3.3 内張り、仕切材の表面仕上

内張り、仕切材の表面仕上げは美観が良いと共に汚れにくいもの、汚れた場合に清掃がしやすいものが要求される。

一般的に使用されている表面仕上げには次のようなものがある。

(1) メラミン化粧板

プリントされた化粧紙とコア紙(厚さを形成するボール紙のようなもの)にフェノール樹脂を含浸させ、熱圧着し、板状にしたもの。圧着する際の鏡板の表面の粗さによって、艶有りと艶消しがある。一般に厚さは1.2mm、1.6mmであり、これを仕切、内張板の表面に接着剤で貼り合わせて使用する。

べースとなる板とメラミン化粧板の収縮率が異なるため反り防止のため化粧板の反対面にもバッカー(メラミン化粧板と同質で化粧紙を入れてないもの)を貼る必要がある。

(2) ポリエステル化粧

プリントされた化粧紙にポリエステル樹脂を含浸させ、ベース板にも樹脂を塗布し、熱圧着する。

(3) ビニール化粧シート

ポリ塩化ビニールシートの表面に化粧プリント印刷したもの

(4) 天然木突板

単板とも呼ばれ木材の持つ美しい木目をそのまま生かすよう、木材を薄く(0.4〜1.0mm)削いだもの。ベース板に接着剤で貼りつけて、表面をクリヤー塗装で仕上げる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から