日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


16.3 防熱の構造

16.3.1 耐暑・耐寒

一般に居住区、作業室等の防熱は、耐暑・耐寒を目的としたもので、ガラスウール・岩綿製品が多く用いられる。厚さは一般に25mm、50mmのもので、周囲の熱さ冷たさなどの条件を考慮して定める。

 

110-1.gif

図16.1

1. 鋼板

2. 保温材(25mm、50mm)

3. ワイヤラス

4. 内張板

5. 薄板

6. クリップ

 

図16.1は、耐暑・耐寒を目的とする防熱構造の一例である。

空気は熱伝導率が少なく、断熱効果が大きい。0℃における静止状態の空気の伝導率は0.0203kcal/mh℃であるから、一般保温材の中で最低値である。空気は小さい気泡又は薄い気層として利用すれば、極めて有効な防熱材である。

 

16.3.2 内張り・仕切の材料

居住区(旅客室を含む)の仕上げは美観に優れ、居心地の良い事が望まれる。

このため壁や天井の表面材の選定に留意すると共に仕上げ色調、図柄が室内に装備される家具類と調和したものでなければならない。

部屋を構成する仕切材や前述の防熱構造と組み合わせて使用する内張材には次のような種類がある。

(1) 合板

材木丸太を円周に沿って1〜4mmの厚さに削ぎ、単板としたものを繊維を直交にはり合わせたもの。はり合わせに使用する接着剤の種類によって耐水性が異なり、JASで1〜4類に分かれている。厚さは単板のはり合わせ枚数が3、5、7、9プライで3、6、9、12、15、18、20、22、25mmtがあり、幅は910mm、1,220mm、長さは1,820mm、2,420mmが一般的である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から