日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


8.2 しよう燈(檣燈)(マスト燈)

「設」第9号表から

全長50m以上の汽船にあっては甲種しよう燈、全長20m以上50m未満の汽船にあっては甲種しよう燈又は乙種しよう燈、全長20m未満の汽船にあっては甲種しよう燈、乙種しよう燈又は丙種しよう燈を備えなければならない。

近海以下を航行区域とする船舶で長さ50m以上の場合はしよう燈2個を備えなければならない。

引き船に従事する汽船には、しよう燈2個を増備しなければならない。ただし、最後に引かれる船舶の船尾又は船舶以外の物件の後端から、引き船の船尾までの距離が200mを超えないものは、しよう燈1個だけ増備すればよい。

押し船に従事又は接げんして引く作業に従事する汽船には、しよう燈1個を増備しなければならない。

推進機関を有する帆船は汽船に準じてしよう燈を備え付けなければならない。

平水区域で昼間の航行だけに従事する船舶はしよう燈を備え付けなくてよい。

 

8.3 げん燈(舷燈)又は両色燈

「設」第9号表から

全長50m以上の船舶は甲種げん燈を備えなければならない。

全長50m未満、20m以上の船舶の甲種げん燈又は乙種げん燈を備えなければならない。

全長20m未満の船舶は甲種、乙種の代りに両色燈1個でもよい。

平水区域を昼間だけ航行する船舶には備え付けなくてもよい。

 

8.4 船尾燈

〔衝〕21条に次のとおり示されている。

(a) 船尾燈は、135°にわたる水平の孤を照らす白燈である。

(b) その射光が正船尾方向から各舷67.5°までの間を照らすように装置される。

 

8.5 全周燈

〔衝〕21条、〔衝規〕14条に次の事項が示されている。

(a) 全周燈は、360°にわたる水平の孤を照らす燈火である。

(b) 全周燈の位置は、その水平射光範囲がマストその他の上部構造物によって6°を超えて妨げられないように取付けなければならない。

 

8.6 漁船の燈火

漁労に従事している船舶は、漁労の種類に応じて種々規定された燈火を掲げなければならないので、それに従って設備しなければならない。

〔衝〕26条に漁労に従事している船舶について示されている。また〔衝規〕16条に漁労に従事している船舶の追加の燈火が示されている。

 

8.7 練習問題

1. 近海区域を航行する長さ43mの貨物船の各種船燈の視認距離について記せ。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から