日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


又は、

W=(2A+2×40c)×1.35…(2.4式)

ここに、

W=定格荷重(kg)

A=大錨の単重(kg)

C=錨鎖1連の重量(kg)

c=錨鎖1mの重量(kg)

(2) 巻上速度V

巻上速度は定格荷重で9m/minを標準としている。

 

2.3 錨鎖孔(ホーズパイプ Hawse pipe)

2.3.1 錨鎖孔の位置

錨鎖孔の位置は船首前方両舷、なるべく水線より高く設置するのが普通であるが、揚錨機、制鎖器、フェアリーダー等との位置を考慮して定める必要がある。

 

2.3.2 錨鎖孔の寸法

(1) 錨鎖孔の寸法は、錨鎖の直径を基準にした定め方がある(〔心〕便覧等参照)。いずれも錨鎖孔の下部の厚さは、錨鎖の摩擦によって摩耗するから、上部より肉厚にする(0.5〜0.3d)。

(2) 錨鎖孔の寸法や位置は、外板及び甲板の相互関係、形状その他によって変化するから、実物大の模型を造って、これに錨を引き込んで詳細な部分を決定することがある(10.5〜9.5d)。

 

2.4 制鎖器(チェンコンプレッサー Chain Compressor)と制鎖止(チェンストッパー Chain Stopper)

制鎖器は、揚錨機と錨鎖孔との中間に設けてあって、錨を格納した時の錨鎖の抑止装置であると同時に、投錨時錨鎖の誘導及び調整に使用する。制鎖器は概ね鋳鉄製で、その中央部に錨鎖がはまり込むような凹みをもっている。また錨鎖を抑止するかんぬきを有していて、大きな衝撃にも耐えるよう相当強固に設置してある。

制鎖止は、錨の保持又は錨鎖の一定位置保持のために用いるもので、特殊のスリップ、シャックル又はホーク等を用いることがあるが、一般には鋼索を使用する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から