日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤作動防止に関する調査研究報告書

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(5) 接岸時の主発電機、軸発電機、サイドスラスタの運転状況による電界強度の変化

接岸時における主発電機、軸発電機及びサイドスラスタの運転状況の違いによる電界強度の変化を操舵室と機関室の同時計測によって調べる。

 

* QP(Quasi-peak)検波:

準尖頭値検波といい、充電時、放電の時定数で決まる検波方式であり、その指示値はピーク値検波よりも低い値を示すが、測定するノイズの繰り返し周波数が高くなるほどピーク値検波の指示値に近づく(図10-6参照)。

表10-2にCISPRで決められた充電、放電時定数を示す。

 

表10-2 QP検波回路の時定数(CISPR規格)

099-1.gif

 

099-2.gif

図10-6 検波回路

 

10-2-4 計測結果

・計測システムの放射ノイズ

予め、計測システムの放射ノイズを測定して周波数成分とレベルを把握する。

図10-7に暴露甲板、操舵室の電界強度測定に使用した計測システム(スペクトラムアナライザ、ノートパソコン)の放射ノイズを示す。これは電波暗室において3mの距離を置いて垂直偏波で測定したものである。

スペクトラムアナライザ(R3271)は160MHzで25dBμV/m及び200MHz〜250MHzの周波数範囲で最大40dBμV/mの放射ノイズが出ている。

ノートパソコン(FMV5W)については10kHz〜30MHzの周波数範囲において0.1058MHzで約50dBμV/m、30MHz〜1000MHzの周波数範囲では最大約47dBμV/m、及び156MHz〜165MHzの周波数範囲では157.73MHzと160.38MHzで約16dBμV/mの放射ノイズが出ている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
799位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
12,363

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.法定船用品製造事業者のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から