日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤作動防止に関する調査研究報告書

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


10. 実船における電磁環境の実態調査

10-1 調査の概要

調査研究は、3ヵ年にわたりIEC60945第3版規格に基づき代表機種を用いて各種試験を行った。最終年度にIEC60945第3版の基準値の検証と船舶に搭載されている機器の電磁環境調査のための計測を企画した。

対象船舶は、船齢的に新しく、IEC60945の対策がなされたと思われる沿海区域、総トン数1万トンクラスのカーフェリー、更に、沿岸外来電波の影響を見るために太平洋側航路の船舶として、ブルーハイウエイの「さんふらわ つくば」を選定した。

計測は、誤作動要因調査、例えば、航行中(含、離着岸)及び停泊時等の電磁環境並びに高負荷を生じる機器(船内電源に対して予想される機器)の影響及び変動を調べるための計測、また、携帯電話や無線機を使用して制御器・計測機器等のディスプレイに対するイミニュティをチェックした。

計測結果から船舶におけるEMCの在り方についても一部言及した。

 

(1) 航路

茨城県大洗港―北海道苫小牧港

(2) 日程

期間は、9月8日〜9月10日

日程は、9月8日大洗港乗船、23:59出港、9月9日20:00苫小牧港入港、23:45同港出港、9月10日19:00大洗港入港

(3) 計測メンバー

東京商船大学・林尚吾教授、運輸省船舶技術研究所・樋富和夫荷役輸送研究室室長、同研究所大阪支所・山根健次主任研究官、船舶艤装品研究所・鈴木潔次長、同研究所・藤吉研究員、日本船舶品質管理協会・安部信之上席技師

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
793位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
12,313

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.法定船用品製造事業者のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から