日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤作動防止に関する調査研究報告書

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


8-3 考察

本試験は4機種共、誤作動はなかった。

この試験は電源の高調波歪を模擬した信号を機器の電源回路に印加することによって電源波形を歪ませ、供試品の誤作動の有無を評価するものである。

試験結果から4機種共、電源回路の性能は本試験における電源の高調波歪による影響に耐えうるものであった。

4機種共、電源回路の役割は供試品内の電子回路に必要なDC5V〜12Vの電源を供給するものであるが、電源回路を構成する主な部品や回路が以下に示す動作を行うため、電源の一次側に印加した試験電圧の影響が2次側の出力電圧に現われず、誤作動が無かったものと考えられる。

電源トランス:一般に電源トランスは電源周波数において最大の変換効率になるように設計されているものであるため、周波数が高くなるに従って変換効率が悪くなる。そのため、電源トランスの2次側出力は高次の高調波に対しては減衰が大きいものとなり、その結果、電源トランスがフィルタと同様の作用があり、高次の高調波を減衰するものと考える。

整流回路:ダイオードと大容量のコンデンサを使用したフィルタ回路であるため、電源トランスと同じように高次の高調波を減衰するものと考える。

レギュレータ回路:出力電圧を制御するための回路であり、周期の長い電圧変動や低次の高調波を減衰するものと考える。

以上のことから10%以上の電源変動に耐えうる電源回路を使用すれば本試験によって誤作動を生じることは無いものと考えられる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
799位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
12,409

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.法定船用品製造事業者のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から