日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


弁才船(19世紀中期)説明図

064-1.gif

〔用語解説〕

航(かわら):敷(しき)ともいい、船首から船尾まで通す平らな船底材

水押(みよし):船首に付く材

戸立(とだて):船体後面を構成する幅広い板

根棚(ねだな):かじきともいい、航の両側につける最下部の棚板

中棚(なかだな):根棚の上に大きく開いて取り付ける幅広い船底材

上棚(うわだな):中棚の両側に垂直に近く立てて取り付ける舷側板

ハギツケ:上棚の上べりにほぼ垂直にさらにはぎつける舷側板

下船梁(したふなばり):左右の根棚の開きを保ち、かつ横張力をもたせる梁

中船梁(なかふなばり):中棚の上部に入れる横張力用の梁

上船梁(うわふなばり):上棚の間に入れる横張力用の梁、上棚の外側に突き出している

台(だい):上棚から外に張り出した梁を連結して上に置いた長い角材

垣立(かきたつ):船体の舷側の台の上につく格子組みの欄干状のもの、装飾的要素が強い

外艫(そとども):戸立より後ろの部分、船体後の流れを整え抵抗減少と舵の効きを良くした

屋倉(やぐら):腰当船梁から床船梁までの後部甲板上を占める船室

帆柱(ほばしら):取り外しができるのが特徴で、後に細い柱を何本も束ねて鉄のタガをはめた松明(たいまつ)柱が主用された

帆桁(ほげた):帆の上部に付ける円柱の材、両端に向かって細くなっている

舵(かじ):船の方向を定める板、和船は取り外し式になっていて引き上げることができる

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
200,397

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から