日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.24/36

 

淀川(よどかわ)の川船(かわぶね)と川御座船(かわござぶね)

 

江戸時代の物資輸送をになったのは船です。重さの割に安い物を大量に輸送する手段として、陸上を運ぶよりも経済性と能率の点で船のほうがはるかに優れていたからです。従って、船を通りやすくするための川の整備が各地で盛んに行われ、大きな川だけでなく今では思いもよらないような小さな川や内陸部まで船が行き交っていました。

海で使う船は江戸時代の中ごろに弁才船(べざいせん)と呼ばれる荷船の仲間にほぼ統一されましたが、川で使う船はそれぞれの川の条件が同じでないために、1つの型の船が全国の川に普及することはありませんでした。喫水(きっすい)が浅く、平底の細長い船体と、簡単な造りくらいが共通点といえます。

 

〔淀川の川船〕

047-4.gif

なお、過書船のなかでも乗合船として大坂と伏見の間を1日2回定期的に上下した、人乗(ひとの)せ三十石船は乗客30人ばかりの客船で、小説や落語などにも三十石や三十石船の名で登場するのでとりわけ有名です。

 

047-1.gif

伏見(ふしみ)の京橋(きょうばし)

京橋は伏見における人乗せ三十石船の発着地の一つで、上り・下りの旅人でにぎわいました。文久元年(1861)刊の『澱川両岸一覧(よどがわりょうぎしいちらん)』より

 

047-2.gif

大坂の八軒家(はちけんや)

八軒家は大坂における人乗せ三十石船の発着地の一つです。船宿や商屋が軒を並べ、今しも船着場からは三十石夜船が出発せんとしています。文久元年(1861)刊の『澱川両岸一覧」より

 

047-3.gif

淀川を曳(ひ)かれてのぼる人乗せ三十石船とくらわんか船

人乗せ三十石船に小船が接舷しています。これが、「飯くらわんか、酒のまんか」などとわめきたてて、酒や食べ物を売った有名な枚方(ひらかた)のくらわんか船です。両岸の都合9ケ所に、船を曳くための綱引道が設けられていました。『澱江風物図巻(よどこうふうぶつずかん)』より

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
201,562

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から