日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


3. 可変(かへん)ピッチプロペラ

スミスがスクリュープロペラ船を完成させてから約160年、船体や主機関の種類に応じた効率や操作性の良いプロペラが開発されてきました。その内の一つが、可変ピッチプロペラです。一般にスクリュープロペラといえば、翼(よく)が固定されているプロペラのことで固定ピッチプロペラと呼ばれています。前進の時と後進の時とで回転方向を変え、機関の逆転機構(ぎゃくてんきこう)を使ってプロペラを逆回転させています。この場合、前後進の切り替えの度に機関を逆転させなければなりません。機関の回転方向を一定にさせたままで船を前後進させる方法はないかということで開発されたのが可変ピッチプロペラです。これは油圧を使って翼の角度の調整を行っているので、機関の回転を変えることなく全速から微速(びそく)まで船のスピードを自由に変えることができ、緊急停止や超微速運転が可能となるなど優れた操縦性能を持っているので、きめの細かい操船を要求されるタグボート、トロール船、フェリー、掃海艇(そうかいてい)などには早くから採用されています。

 

014-1.gif

かもめCPC-24型 3翼可変ピッチプロペラ

 

014-2.gif

翼のひねりの方向と角度を変えることで、回転数や回転方向を変えずに前進、中立、後進が可能なプロペラ。

 

4. 二重反転(にじゅうはんてん)プロペラ

プロペラが回転する際に発生する回転流(かいてんりゅう)、これまで利用することのできなかったこの回転流を反転する後方のプロペラで回収し、推進(すいしん)エネルギーに変えるのが二重反転プロペラです。三菱重工業(株)がこの二重反転プロペラを大型タンカーでの実用化に世界で初めて成功しました。これによって15%の省エネと環境汚染につながる排ガスの量をへらすことが可能となりました。

 

014-3.gif

 

014-4.gif

写真提供:石川島播磨重工業(株)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
200,397

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から