日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.7/36 

 

船をうごかすII

 

1. プロペラの起源(きげん)

プロペラも櫓(ろ)、オール、帆などと同じように船を押して走らせるために人間が考えだした道具の一つで、船の主機関(しゅきかん)が作り出した動力を進行方向の力に変える役目をはたすものです。蒸気船(じょうきせん)が建造(けんぞう)され、蒸気機関の高速化、高圧に耐えられるパイプの開発に伴い、汽船にもようやく改良が施されることとなります。この改良がスクリュープロペラ船の登場です。初のスクリュープロペラ船を完成させたのは自国の強力な機械産業を後だてにしたイギリスのスミスでした。

 

013-1.gif

 

2. 外輪船(がいりんせん)とスクリュープロペラ船

外輪船といわれて、すぐにその姿を思いうかべることができますか? 外輪船とは蒸気船が活躍していたころ良く見られたタイプの船で、船の後ろや両側に取り付けた大きな水車を回転させて走る船です。

スクリュープロペラが発明された時代、スミスはスクリュープロペラ船を完成させた後、「シッププロペラ社」を設立し、大型船へのスクリュープロペラ導入を積極的に図りました。その第一船は1839年(天保(てんぽう)10)に完成した“プロペラ”です。その後、“アルキメデス”と改名されロンドン〜ポーツマス〜ブリストル間のイギリス沿岸航路(えんがんこうろ)に就航(しゅうこう)しました。この様にスクリュープロペラは実用化の段階に入ったものの、スクリュープロペラと外輪船のどちらが優れているかは、なかなか決着しなかったのです。そのため行われたのが船同士の綱引きによる実験で、1845年(弘化(こうか)2)4月3日外輪船“アレクト”とスクリュープロペラ船“ラトラー”が、互いの船尾を網で結んで引っ張り合う勝負をしました。この2隻の船の大きさはほぼ同じで、出力も同じ200馬力でした。勝負の結果は、“ラトラー”が平均2.5ノットで“アレクト”を引っ張りながら前進して、スクリュープロペラの優秀性を実証したのです。もちろん1回だけの勝負で決着をみたわけではなく、その後1840年代には同じような綱引きや競走が何度か行われたそうです。その結果、推進性能面(すいしんせいのうめん)ではスクリュープロペラ船に軍配があがりました。また、外輪船にはスピード面の他にも、いくつかの欠点がありました。荒天時に一方の外輪が空中に飛び出してしまったり、波に叩かれて破損したりしました。また、軍艦の場合、戦闘中むき出しの外輪が砲撃の絶好の対象になったことなどからも、スクリュープロペラの良さが確認されました。

 

013-2.gif

スクリュープロペラ船と外輪船の綱引き

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
200,930

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から