日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


3. 船の安定と復元力(ふくげんりょく)

水に浮かんでいる船が安定していることは、船にとって必要な性能です。船は普通、まっすぐに浮いていますが、これを少しでも傾けると、まっすぐな状態にもどろうとする力が起こる性質があります。この性質を復元性といい、その復元する力を復元力といいます。船をさらに傾けて、ある角度まで傾けると復元力がなくなり、ひっくりかえるようになります。この状態の角度を復元力の限度といい、この限度の大きい船ほどひっくりかえりにくいということになります。復元力の限度を大きくするには、船の重心を低くすることが必要です。しかし復元力の限度をあまり大きくすると、船はすこし傾いただけですぐもどろうとする力が働くことになり、乗り心地が悪くなり、積荷の荷くずれも心配になります。

 

010-1.gif

復元力の原理

 

4. 船の揺(ゆ)れと防止装置(ぼうしそうち)

船の揺れには色々な種類がありますが、船が左右にかたむく“横揺れ”をローリングといい、波の上で最も起こりやすい揺れです。また、船首と船尾がシーソのように上がったり下がったりする縦揺れをピッチングといいます。

現代の船には、船の揺れを防止する装置として、これまで使われてきたビルジキールの他にローリング防止機能としてアンチローリングタンクやフィンスタビライザーが取り付けられています。この二つのうち客船や大型オイルタンカーに使用されているのがフィンスタビライザーで、発明は三菱造船(現三菱重工業)の元良信太郎(もとらしんたろう)博士によるものです。フィンスタビライザーは、船の両舷(りょうげん)の船底近くに小さな翼を張り出し、揺れの大きさに合わせて翼の角度を変えることによって船体の横揺れをおさえる装置です。大正12年(1923)に対馬商船の“睦丸(むつまる)”に世界で最初に装備されて以来、現在のクルーズ客船などの乗り心地を大切にする船には、全てといってよいほど積極的に取り入られています。

 

010-2.gif

フィンスタビライザー

 

ビルジキール

010-3.gif

ビルジキールの実験模型

ビルジキールはイギリスのウィリアム・フルードが1850年(嘉永(かえい)3)に、船舶のローリング(横揺れ)を防止するために考案したものです。

船底と舷側(げんそく)のさかいのビルジに、鋼板(こうはん)を前後方向に長く取り付けることによって、ローリングを防止することができます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
43位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
212,478

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から