日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.2/36

 

船のしくみI

 

1. 船の抵抗(ていこう)

船が水上を走るとき、船体は水や空気によりその進行を妨げようとする力(抵抗)を受けます。抵抗には色々な種類のものがありますが、とくに大きなものが「まさつ抵抗」と「造波抵抗(ぞうはていこう)」です。

「まさつ抵抗」とは、船の周りの水が船体の表面をこすることによって生まれる抵抗で、低速で走る船が受ける抵抗の大部分はこのまさつ抵抗です。また、船が長い間ドックに入らず船底が汚れて、海草や貝などが付着したりして船体の表面がなめらかでなくなると急激に大きくなります。「造波抵抗」とは、船首や船尾で波をつくることによって生まれる抵抗で、高速で走るコンテナ船、フェリー、客船が受ける抵抗として大きなものです。

船の抵抗にはこの他、タンカーのように太めの船で船体の周りや後流に渦を作ることで生じる造渦抵抗(ぞうかていこう)、水面上に高い構造物のある客船やフェリーで馬鹿にならない空気抵抗などがあります。

 

003-1.gif

 

2. 球状船首(きゅうじょうせんしゅ)(バルバスバウ)

浮き上がった船の船首を見ると先端に球状をした突起物を見ることができます。これは、球状船首(バルバスバウ)といわれ、球状船首を理論的に研究し適正な船首の形状を求める技術を開発したのは、東京大学の乾崇夫(いぬいたかお)名誉教授のグループです。この球状物を船首水面下に付けることにより、船首が起こす波と、球状部分が起こす波とがおたがいに打ち消しあって船首から波が立たなくなり、波の抵抗(造波抵抗)を少なくすることができ普通の船首の船よりもスピードを出すことができます。

 

003-2.gif

球状船首の原理

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
199,790

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から