日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


3. 豪華客船(ごうかきゃくせん)“モレタニア”

“モレタニア”は、イギリスのキュナード社が、1907年(明治40)に建造した蒸気タービン搭載(とうさい)の豪華客船です。等間隔に4本の煙突が並んだ3万トンを超える大型船で、当時では誰もが考え付かないほどの大きな船でした。また、速力のほうも航海速力(こうかいそくりょく)25ノットと、当時としては驚異的な速さで、大西洋を最も速い平均速度で走った船に与えられるブルーリボン賞を獲得し、次々と自己記録を更新して22年間もその栄誉(えいよ)を保ち続けました。

“モレタニア”を建造した船会社キュナード社の歴史は古く、1839年(天保(てんぽう)10)サミエル・キュナードが2人の仲間とともに政府の補助企業として発足させたもので、当時の名前は「イギリス北アメリカ郵便会社」と言っていました。

現在、キュナード社にはイギリスの女王陛下と同じ名前を持つ“QEII(クイーンエリザベス2世)”と言う客室総数942室の豪華客船も有ります。“モレタニア”と“QEII”は、どちらもジョン・ブラウン社の造船所で建造された船です。

 

002-1.gif

“モレタニア”

主要目:

総トン数 31,938トン

長さ 232メートル

幅 27メートル

主機(しゅき) 蒸気タービン

乗員 812名

乗客定員 2,165名

進水 1906年(明治39)9月

 

4. 太平洋航路の女王“浅間丸(あさままる)”

日本郵船株式会社は、大正時代の末期、北太平洋航路において各国が新造の優秀船を就航(しゅうこう)させたことによって激化した旅客運航競争の中で、サンフランシスコ航路用として17,000総トン、20ノット級客船3隻の建造を計画しました。その中の第1船として昭和3年(1928)10月に建造されたのが“浅間丸”です。この船は船型、構造諸設備(こうぞうしょせつび)にいずれも豪華な装飾をこらしたもので、イギリスの古典様式をとり入れたその優雅さは、太平洋航路の女王の名に恥じないものでした。“浅間丸”は当時わが国最大の客船であったばかりでなく、世界でもまだ数少ない大型ディーゼル客船でもありました。

 

002-2.gif

“浅間丸”

主要目:

総トン数 16,947トン

長さ 170.68メートル

幅 21.94メートル

主機 ディーゼル

乗員 329名

乗客定員 839名

進水 昭和3年(1928)10月

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
200,397

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から