日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


商人は不定なる渡世をする者故、善悪右に云が如し。然れば商人の潰(つぶ)るゝことをば嘗(かつ)て構間敷(かもうまじき)也。是又治道の大割の心得也と可知」

と商人をことさらに蔑視しました。また『海国兵談』を著した林子平が『上書』のなかで、

「町人と申候は只諸人の禄を吸取候計(ばかり)にて外に益なき者に御座候。実に無用の穀(ごく)つぶしに有之侯」

と町人を「無用の穀つぶし」とみなしたりしていた例などとくらべれば、梅岩の思想がいかに開明的であり、先駆的であったかがわかります。

 

ベラー名誉教授の問題提起

「心学と二十一世紀の日本」と題されたロバート・N・ベラー、カリフォルニア大学バークレー校名誉教授の講演は、なかみのあるしかも重要な問題点をみごとに指摘された卓言にみちていました。ベラー先生の真摯なお人柄のにじみでた名講演に、聴講された多くの方々も深い感銘をうけられたにちがいありません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
20,632

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から