日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


それらの国々が今後消費するエネルギーや資源は、膨大な量になるでしょう。そのことを考慮すれば、先進国は、自らのエネルギー消費量を抑える、つまり、生活レベルを下げるという犠牲を払うことを覚悟しなければなりません。

そのとき、鍵になる言葉が「足るを知る」ではないでしょうか。「足るを知る」というと、我慢するとか節制することと捉えられがちですが、そういう単純な意味ではありません。経済成長至上主義というのは、いわば「足るを知らない」ことに端を発しています。人間の欲望を喚起し、刺激し、それを満たすというプロセスで成長を続けていこうとするのですが、欲望というものには際限がありませんから、いつまで経っても満たされない。常に不足感があり、心が安定しない。つまり、欲望を満たし続けるというプロセスは、決して人の幸福に結びつくものではないのです。今は、そのように常に焦りやいらだちを抱えた不安定な心の持ち主が増え、社会に暗い影を落としています。また、地球上の資源は有限ですから、際限のない欲望に応えていくことは物理的に不可能になってきています。このように、心という内面的な側面からも、環境という外面的な側面からも、「足るを知らない」思想は、完全に行き詰まっているのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
20,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から