日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


「売上げを最大に伸ばし、経費を最小に抑える」ことが、ビジネスを成功させるための基本的な考え方だと稲盛氏は言います(『成功への情熱』)。さらには他人との関わり合いの中での自己犠牲や無欲を常に強調し、それが永続する信頼を勝ち取ることを教えます。稲盛氏は京セラがアメリカのエアロボックス社(後にAVX社)と取り引きをしたときのことを引き合いに出し、この原理を説明しています。京セラは、AVX社からそれまで両社の間で取り交わされていた契約の破棄を依頼されたとき、法的な行使権に訴えることを決してしませんでした。その後、京セラはAVX社を買収したのですが、彼らと非常に公明正大に接してきたために、引き続く両社の融合はとてもスムーズに調和的に進んだのです(参照:Respect the Divine and Love Prople:邦題は『敬天愛人』)。

稲盛氏は昔から商人たちが重んじてきた倹約というコンセプトを洗練させ、現代社会の中に甦らせたのです。稲盛氏は経済行為をする人間―特に大きな力と影響力をもつ者たちは、自己をコントロールする必要があると言います。さもなければ彼らは社会や自然の秩序を破壊してしまうからです。「自然の循環の原理を知る」べきだと稲盛氏は言います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
20,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から