日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


この一文が示す通り、梅岩が重要視した商売における誠実さという考え方が稲盛氏の場合にはさらに拡大され、まず最初にすべての社員に、次には顧客や取引先、そして最後には社会全体に対して公明正大であり、責任を全うすることをも含んでいます。会社を興してからまだ二年しか経っていないとき、社員たちが将来の保証を稲盛氏に要求してきたことがあり、稲盛氏はショックを受けたそうです。このときの様子を稲盛氏は次のように書いています。

 

私は「企業とは何か」ということについて真剣に考えざるを得ませんでした。その頃の私は他人の将来の生計を保証するどころか、自分の家族の生活の保証すらできない状態でした。それでも従業員たちは、自分たちや家族の将来を会社に委ねていたのです。一生の生活を会社にかけている従業員たちの期待を裏切ることはできません。彼らとの三日三晩の熱のこもった話し合いの末、私は京セラの経営方針を変えることにしました。自分の技術を世に問うことよりも、従業員の生活を優先することにしたのです。

そして京セラの経営理念を、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」と定めたのです。(太字体は原文のまま。『成功への情熱』より)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
20,891

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から