日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


ある意味でそれは、私が四人の若い共著者とともに書いた『心の習慣』(Habits of the Heart, University of California Press, 1985, 日本語訳はみすず書房から出版)の内容を、膨大な量の事実に照らし合わせて裏付けたものと言えます。この本でわれわれが論じたのは、アメリカ社会の中で、急進的な個人主義の考え方が社会的義務を論じる古い考え方に取って代わっている、ということでした。

 

アメリカ社会に見る“社会資本”の減少

パットナムの本に書かれているのは、アメリカ社会のほとんどあらゆる側面において過去三十年の間で、彼の言う“社会資本”が急激に減っているということです。私の見地からすると“社会資本”というのは決して喜ばしい言葉ではありません。あまりにも社会科学的なテクニカル(学術的)な用語であるばかりでなく、経済を比喩に使っており、広く使われていること自体が残念な現象であると言えます。しかしこの言葉の裏に存在するのは、パットナムが“社会的つながり”と呼び、『心の習慣』の著者たちが“結束”とか“コミュニティ”と呼ぶもので、非常に現実性を帯びたものです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
20,891

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から