日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


第5章 動力装置

5.1 油圧源

バックホウ掘削機と他の機器用の油圧源はそれぞれ別個に設けることを基準とする。

 

〔解説〕

第3章浚渫機部で示したとおり、バックホウ掘削機の掘削機構の駆動及びその制御はすべて油圧によっている。スパッド揚降装置を油圧駆動とする場合、使われていないバックホウ掘削機走行装置の油圧系統を利用することも可能ではあるが、この場合バックホウ製造者の責任範囲の問題が発生するため、一般には船内機器用として専用の油圧源を設け、バックホウ掘削機とは別の油圧系統とする。

 

5.2 電源

船内機器、空調機等の電動機及び照明・信号灯等の所要電力に適応した発電機を設ける。

 

〔解説〕

バックホウ掘削機は、独立した電源(ディーゼルエンジン始動用バッテリー)と充電用発電機(オルタネータ)を内蔵しているため、本船から電気を供給する必要はない。

上部旋回体付の照明灯を特別に増設・強化するには、本船から電気を供給する必要があり、この場合には旋回ベース中心にスリップリングを設けて電源の供給を行う。

 

5.3 環境保全

環境保全のため、バックホウ掘削機の排気ガス、騒音を低減するよう配慮し、作動油には分解性作動油を使用することが望ましい。

 

〔解説〕

バックホウ掘削機の排気ガスについては、排気に有害成分の少ない良質の軽油を使用することが好ましい。

バックホウ掘削機の騒音については、低騒音・低振動の機種を選定することが望ましい。

バックホウ掘削機には、低騒音型・低振動型建設機械の指定を受けているものもあるが、バックホウ浚渫船に搭載される大型のものは指定を受けていないことが予想される。

作動油については、ホースの破損等により流出し海上を汚染する場合の対策として、分解性作動油を使用することが望まれる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
52位
(30,415成果物中)

成果物アクセス数
182,118

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年1月12日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から