日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


4.3 船体構造

船体構造は、鋼製箱型縦肋骨方式全溶接構造とする。

 

〔解説〕

バックホウ浚渫船は、ディッパ船と同様に浚渫時の衝撃が大きく、また搭載機器及びバラスト水の配置・重量バランスからは、船体中央部に曲げモーメントが大きく作用するため、他の作業船に比べ船体は重構造となる。

スパッドウエル周囲及び旋回ベース下部には集中荷重が作用するので、十分な補強が必要である。

 

4.4 バックホウ旋回ベースの固定方法

バックホウ旋回ベースは、図4-1に示すように、船体と一体構造となるように溶接にて取付ける。

 

〔解説〕

旋回ベースはバックホウ製造者よりの支給品とするのが好ましい。

支給される旋回ベースは水抜きホース付とすること。

旋回べースには大きな曲げモーメントが作用するため、筒構造を船底まで連続させ周辺に補強リブを設けて船体と強固に固着する。

 

141-1.gif

図4-1 旋回べース取付図(参考例)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
187,771

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から