日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


2.3 設計の手順

起重機船は一般に下記のような手順で計画される。

作業条件から決まる設計条件と要望の条件とを調整し、起重機部、電気部、機関部、船体部と順を追って検討を進める。

 

〔解説〕

起重機船の計画手順を示す。船体長さ、幅、深さ、喫水をそれぞれL、B、D、dとする。

(1) 作業条件(揚重物の種類、重量、容積、外形寸法、数量)から起重機部の能力を選定する。…(本編第3章)

(2) 作業条件(運搬距離、場所、天端高(±)、サイクルタイム)から起重機部の形式と船体部形式を決定する。…(本編第3章、第4章)

(3) 主補巻上機の速度、旋回半径及び速度、アウトリーチ…(本編第3章)

(4) 電気部、各電動機容量、発電機容量を求め、制御方式を決める。…(本編第6章)

(5) 機関部主補原動機の容量を主補発電機に見合うよう決定する。…(本編第6章)

(6) 起重機部主巻能力から船体部、幅及びL/B、B/D、d/Bを標準的に求め、一応、長さ、幅、深さ、喫水を決める。傾斜角、最小乾舷を検討する。

あるいは起重機主巻能力と船体傾斜角よりL、B、D、dを求める。…(本編第4章)

(7) 艤装部の甲板補機類、操船ウインチの大きさを求め、一般配置に繰り入れ作業甲板の広さを検討する。…(本編第4章、第5章)

(8) 機関部原動機の高さ、居住区の高さよりDを検討し居住区配置を甲板下か、甲板上かを決定する。…(本編第4章)

(9) L、B、D、dに不都合があれば修正の上船体傾斜角及び最小乾舷を検討する。…(本編第4章)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
186,961

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から