日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


第2章 計画

2.1 計画の方針

各種の条件を調和融合し、起重機船全体として均衡ある計画とする。

その上、経済的で取扱に便利で、構造簡単、故障の少ない起重機船とする。

 

〔解説〕

港湾工事用起重機船は台船に起重機を設置したもので、海気象条件による動揺、傾斜、吊り荷重による傾斜があること、取り扱う対象物の単体重量は大きく嵩張っている等で陸上にない厳しさを持っている。

その上機械は大容量・高効率でしかも製作費が安いものが要求される。

例としては起重機部ではラチス構造からボックス構造に移行している。起重機の軽重は台船の大きさにも影響するので、軽減を図るべく高張力鋼等も使用されている。機械部分も無給油時間の延長、ワイヤロープの耐久性の向上、鋳鉄部分は溶接構造に置き換える等、電気部では特殊機能を要求されるもの以外は交流電動機を使用する等、また発電機を使用しないで原動機(ディーゼルエンジン)トルクコンバータ直結方式、原動機油圧ポンプ方式等が実用化されているが、いずれも経済的で保守が簡単であることを目標にしている。

 

2.2 作業条件と設計条件

港湾工事における作業条件を十分検討の上、総合的判断に基づき、設計条件を決定する。

 

〔解説〕

作業条件と設計条件の一部が工事条件として提示され、そこで作業条件より設計条件を集約していくことになる。そのために、作業あるいは工事の概要を熟知しておくことが必要になる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
190,249

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から