日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3. 株式会社黒壁(滋賀県長浜市)

−大資本との差別化戦略で地域資源を創出し、商店街と地域を活性化−

 

(1) 地域の概況

長浜市は、滋賀県北東部に位置し、豊臣秀吉が天正3(1575)年に長浜城を築城したことからはじまる。琵琶湖畔に面し海運に恵まれ、北陸、中部、近畿を結ぶ交通の要衝であったことに加え、秀吉が現在の旧市内に楽市楽座(いわゆる無税のまち)を許可したことから商人のまちとして発展した。浜ちりめん、蚊帳などの伝統産業や特産品づくりは秀吉時代から続いている。

明治期に入ると鉄道誘致などが積極的に行われ、全国に先駆けて近代化が進められ、その一つとして黒壁銀行が設立された。

 

人  口:57,082人(人口増減率(95/90):2.9%、高齢者比率:11.1%)

面  積:45.46km2(可住地面積38.54km2)

就業構造:第1次3.8%、第2次45.2%、第3次50.8%

資料:国勢調査(90・95年)、全国都道府県市区町村面積調(97年)

 

(2) 株式会社黒壁(第3セクター)設立の背景と経緯

広域行政区の湖北広域(1市12町)は商圏人口約20万人を擁し、長浜市はその中心として県下一の商店街が形成されていたが、昭和40年代後半から郊外に大規模小売店舗が相次いで進出し、昭和50年代に入ると長浜市の中心市街地及び商店街の空洞化、まちの活力の低下が問題となっていた。

昭和62年には空洞化したまちの中心部にあった黒壁の建物(旧第百三十銀行)が売りに出された。黒壁は銀行としての役割を終えた後もカトリック教会として使用されるなど地元住民に永く親しまれてきた地域のシンボルとして、地元青年会議所を中心に市民からの保存運動が起こった。昭和63年には市民有志と地元の有力企業、行政の共同出資(民間7割、市3割)による第三セクター方式で「株式会社黒壁」が設立され、長浜再生の鍵をガラス事業として、黒壁銀行をこの事業の中心とした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
901位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
10,030

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から