日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第3章 地域特性を活かしたまちづくりの方向−産業観光ビジョンの策定−

 

1 土岐市における産業観光振興の必要性

 

本市の陶磁器産業の動向や本市及び周辺地域の観光動向などを踏まえて、本市における産業観光振興の必要性を、次のように整理した。

 

(1) 経済の基幹をなす陶磁器産業活性化への貢献

本市経済にとって陶磁器産業の占める位置は大きく、陶磁器産業の衰勢は市勢の衰勢につながりかねず、陶磁器産業の活性化が本市の基本的課題である。

しかし、本市の陶磁器産業は、近年の商品価格の下落傾向に加えて、わが国の生活スタイルの変化に伴う陶磁器需要の縮小や低廉な外国製品との競合による輸出の減少から、他の陶磁器生産地と同様に出荷額が伸び悩み、本市経済の中枢を担う陶磁器産業は厳しい状況にある。

とりわけ、本市の陶磁器事業所の製品の多くは、多くの流通経路を通して消費者に届くため、陶磁器事業所の多くが消費者ニーズの把握が困難ななかでの新製品開発や新デザインの模索を、余儀なくされている。

産業観光の取組には、消費者の生活スタイルの創造の支援という面がある一方で、生産者と消費者との情報交換の場、すなわち生産者が消費者ニーズを把握できる場を構築するという側面もある。

このことは、美濃焼ブランド化の強化とPR、マーケティング機能、新製品開発意欲の創出、デザイン開発機能の強化などを側面から支援し、陶磁器産業の振興に貢献するものである。

 

(2) 産業観光への取組による多様な都市機能の展開

近年、陶磁器関連のイベントの積極的な開催や、集客力のある施設整備を通して、本市への観光客入り込み数は拡大しているものの、観光関連産業を育成するほどまでには至っていない。周辺の陶磁器産地の観光客入り込み数と比較すれば、背後地に膨大な消費者を抱える名古屋都市圏からの交通の便の良い本市においては、観光客入り込み数が今以上に増大する潜在的な余地は、十分あるといえる。

現在、名古屋市近郊では、「ものつくり」の現場をみせる産業観光の取組が進められ、一定の成果をあげつつある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,030位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
9,767

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から