日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


6 今後の課題

前章では、「豊かなシンプルライフリゾート」をコンセプトととし、「自然と共生したまちづくり」を軸に3つの柱を設定した。

この3つの柱に従い、小淵沢町で考えられる展開方策例を抽出し、さらに短期的に取組みが求められる方策として次の二つを挙げた。すなわち、

1] 「小淵沢を考える会」:ソフト事業

2] JR小淵沢駅前の玄関機能の整備:ハード事業

である。

 

(1) 環境依存からの脱却

小淵沢町がリゾート地として発展したきっかけは、昭和50年代のペンションブームやNHK大河ドラマのロケ地になったこと、大河ドラマ誘致の大きな原動力になった馬の存在、清里の観光地化であろう。加えて、中央自動車道のICが開設されるなど東京・名古屋大都市圏と直接結ばれたことも要因である。

しかし、こうしたきっかけの前は、小淵沢町はむしろ何もない町であり、八ヶ岳南麓・清里に近いといったいわば周辺の環境変化の波にうまく乗ったところが大きい。したがって、努力しなくても人が来ることが当たり前になっていないだろうか、今一度見詰め直すことが必要である。

長引く不況下、国内の観光地は入込み客数および客単価の減少にどこも苦しんでいる。しかし一方で、平成13年初頭の成田空港で国際線利用者数は37万人と過去最高を記録している。このように消費者は値ごろ感と満足度が得られるのでがあれば国内外を問わず出かけている。

こうした中、国内の各観光地はこれまでの商習慣を変えて(泊食分離など)まで顧客確保に必死になっている。小淵沢町がこうした観光地とまさに競争しているという視点にたつことが求められている。

 

(2) 人材がいることを認識する

小淵沢町は、オーナー制であり小規模な事業経営体が多いが、その多くは専門性を有するものであるものが多い。ペンション、馬牧場、ハイテク企業などがその代表例であろう。米麦にかわり徐々にではあるが花卉栽培農家も増えつつあり、町内には花卉・園芸を主にする地元企業もある。

最近は女性による任意団体を母体にする企業組合が薬膳という形で健康志向型の食文化を創造している。

また、健康に好影響を与える高原環境を活用し、高原地帯にある市町村同士が連携し知恵を出し合おうという動きや、子供の心身の育成を支援するために有機綿栽培を体験する活動など、新たな活動が始動しようとしている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
962位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
10,360

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
6.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
7.農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から