日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


5 魅力的な「道の駅」とするための工夫

平成5年1月18日「道の駅」懇談会から出された「『道の駅』に関する提言」より、地域の主体的な創意工夫が求められる休憩施設などの基本的要素以外の整備にあたって、工夫の視点として考えられる点をいくつか抜粋して整理する。

 

(1) 「道の駅」の計画・整備

1] 「道の駅」の成長・発展及び周辺の土地利用の変化を念頭において計画する。また、先行整備した施設の利用状況をみながら、道路利用者のニーズや地域住民の意向を十分に取り入る。

2] 周辺地域に住む人の利用にも配慮した利便施設、あるいは地域を訪れる人の目的地となるような魅力ある施設を目指す。

3] 必要に応じて駅舎のデザインヒントを公募するなど、豊富な経験をもつ専門家に協力を求める。

 

(2) 休憩のための施設

1] シャワールームや仮眠施設・宿泊施設の併設

2] 地域のおいしい食べ物を提供するレストランの設置

3] 講演や簡単な運動機器を設置して、体をほぐす施設

4] ベビールーム・ベビーベッドあるいは、子供用洗面台などのような乳幼児のための施設

5] 有料トイレ又はチップトイレ

 

(3) 地域振興のための各種施設

1] 地域の特産品を中心とした販売

2] レンタサイクルによる周辺観光の基地、あるいは雪国では雪を活かしたレジャーのベースキャンプ地

3] 将来の余暇時間の増大や就労形態などライフスタイルの変化に応じて、リゾートオフィスなどとしても機能できるよう、映像を含めたマルチメディア対応の施設

4] 住民票が取得できる役場の出張所

5] 郵便局、銀行など金融機関のキャッシュディスペンサー

6] ポスト

7] 地域の活性化を進めるための催し物

(ア) フリーマーケットやリサイクル展

(イ) 通行手形の発行

(ウ) 駅伝

(エ) スタンプ

(オ) 朝市

 

(4) 運営管理

1] 施設整備だけでなく運営においても、地域住民の積極的な参画を求める。とくに、高齢者の知識・経験や女性の感性を生かすため、これらの人々に計画・管理・運営の各段階への参加を求める。

2] 地域の案内に詳しい、優れた人材を職員として配置する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,999位
(33,115成果物中)

成果物アクセス数
4,422

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年4月17日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
4.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
5.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
6.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
7.農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から