日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

喉頭摘出者団体アジア連盟1999年度事業報告書

 事業名 喉頭摘出者発声指導員の養成等
 団体名 銀鈴会 注目度注目度5


VI 後付け指導の実施報告

[1]マレーシア(クアラルンプール)

1. 場所

マラヤ大学医学部教室およびKL市内

2. 期間

2000年6月8日〜6月14日

3. 派遣指導員

2名(中村正司、久永進)

4. 対象者

ジョン・ダビド・カルドサ氏 ほか5名

5. 日程

6/8 MH69便にてKL着

6/9 マラヤ大学にて

シン・カン、リンセン・チョン両氏の実技指導に同席し、終了後、評価とアドバイスを行う。

6/10 マラヤ大学にて

ジャビタル、アザマン両氏の実技指導に同席し、終了後、評価とアドバイスを行う。

6/12 クリスタル・クラウンホテルにて

ダラム・ナイヤー、ダビド・カルドサ両氏と面談

活動状況および質議を聴取し、アドバイスを与えた

6/14 MH70便にてKL発

6. 成果

帰国後、6名は機会ある毎に発声リハビリテーションに従事して、その技術を錬磨していることを把握できた。

惜しむらくことは教室開催が定期的でないことである。

この対策をマラヤ大学アミン教授を囲み、検討することができた。

打開策は得られなかったが彼等の意欲向上に役立った。

 

028-1.gif

 

[2]タイ(バンコク)

1. 場所

シリラート大学医学部教室およびバンコク市内

2. 期間

2000年7月17日〜7月20日

3. 派遣指導員

2名(中村正司、坂上昌平)

4. 対象者

Ms.スサダ ほか6名

5. 日程

7/17 JL717便にてバンコク着

パークホテルにおいて

トングチャイ、チャルーン・ロハンチュン両氏と面談し、活動状況および質議を聴取し、評価とアドバイスを与えた。

7/18 シリラート大学にて

トングチャイ・ニルナムヘチコワとチーラソーク・チョンコル・ワタナの両氏の発声リハビリに参加し、終了後、評価とアドバイスを与えた。

7/19 シリラート大学にてタビサク・ホシハツ、ダナイ・イエムケオの両氏発声リハビリに同席し、終了後、評価とアドバイスを与えた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,912位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
1,181

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.An Introduction to Guidance in Esophageal Speech Training
2.平成12年(2000年)度結核予防セミナー報告書(モンゴル)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から