日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

喉頭摘出者団体アジア連盟1999年度事業報告書

 事業名 喉頭摘出者発声指導員の養成等
 団体名 銀鈴会 注目度注目度5


ハークホテルにおいてMr.デイロクダムロンと面談し、個人的事情に触れ相談した。

7/20 JL708便にてバンコク発

6. 成果

対象者7名中1名は身体的経済的理由によって活動を中止している。その他の6名については、今回のアドバイスが大きな自信の源となっている。

今後の大きな活動が期待できる。

 

[3]フィリピン(マニラ)

1. 場所

フィリピン・ゼネラル病院会議室

2. 期間

2000年8月27日〜8月31日

3. 派遣指導員

1名(松本吉史)

4. 対象者

エミリオ・ザマンザレス氏ほか3名

5. 日程

8/27 JL741便にてマニラ着

8/28 ゼネラル病院にて

エミリオ・ラマンザレス氏およびパブロ・ガルシア氏の実技指導に同席し、終了後、評価とアドバイスを行う。

8/29 ベテラン病院にて

ロレンゾ・カマチョ氏およびアレザノロ・バレス氏の実技指導に同席し、終了後、評価とアドバイスを行った。

8/30 カルデイナ・サントス病院よりの要請を受けエミリオ・ラマンザレス氏ほか3名とともに、喉頭摘出直後の患者を見舞い、オリエンテーションを実施し、3名に見学させた。

8/31 JL742便にてマニラ発

6. 成果

対象者4名は各人別々に、月2回程度、事前説明やリハビリテーションのため上記3病院を訪問している。今後とも病院側との連携を継続して、喉頭摘出者の福祉増進に協力を続けるよう激励した。

彼等の発声指導は原音発声に重点が置かれていて、3音以上の吸引指導がすこし弱い恨みがある。

さらに吸引法についての指導を強化するようにアドバイスした。

 

029-1.gif

 

[4]バングラデシュ(ダッカ)

1. 場所

国立聾唖児童センター会議室ほかダッカ市内

2. 期間

2000年9月17日〜9月23日

3. 派遣指導員

1名(安永雅浩)

4. 対象者

カマールッデイン氏ほか3名

5. 日程

9/17 SQ420便にてダッカ着

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,907位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
1,181

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.An Introduction to Guidance in Esophageal Speech Training
2.平成12年(2000年)度結核予防セミナー報告書(モンゴル)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から