日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

喉頭摘出者団体アジア連盟1999年度事業報告書

 事業名 喉頭摘出者発声指導員の養成等
 団体名 銀鈴会 注目度注目度5


序文

1、本事業計画は、1981年国連の提唱で国際障害者年(IYDP)がスタートした翌年の1982年に日本喉摘者団体連合会と社団法人銀鈴会が共催で第3回喉頭摘出者世界大会を東京で開催し、この大会において喉頭者の現状改善に関する決議、宣言を満場一致で採択し、国連はじめ世界各国に発表した。

2、この宣言文の主旨実現のため、1983年ウィーンのIYDP本部に出頭し、世界喉摘者の55%を占めるアジア圏の喉摘者のリハビリテーション促進を提案し援助を求め了解を得た。

3、1984年、IYDP本部の意を受け、喉頭摘出者団体アジア連盟(アジアの主要11ヶ国・地域、マレーシア、日本、中国、ホンコン、インド、インドネシア、大韓民国、パキスタン、フィリピン、タイワン、タイ、が参加し、本部を東京におく)を創設した。

4、第1次5ヶ年計画として、1990年までにアジア各国から交互に研修生90名を東京にある社団法人銀鈴会発声教室へ招き、それぞれに発声指導訓練を施し、発声能力、指導要領を身につけさせ指導員として養成し、帰国後、自国喉摘者のリハビリテーションに当らせ、順次アジア全域の喉摘者の社会復帰、促進を目指すこととした。

5、第1次5ヶ年計画の成果を評価し、第2次5ヶ年計画の実施を確認するため1990年、アジア連盟東京大会を品川のホテルパシフィックで開催した。

6、第2次および第3次5ヶ年計画は、アジア連盟の成長期と位置づけ、前期までに蓄えた力を総合的に助長すると共に、積極手段として従来の招致研修に加え海外に指導員を派遣する方法を併せ実施した。

7、1999年度は第3次5ヶ年計画の最終年に該当する。

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,894位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
1,181

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.An Introduction to Guidance in Esophageal Speech Training
2.平成12年(2000年)度結核予防セミナー報告書(モンゴル)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から