日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

第6回観光に関する学術研究論文

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


この境界性の議論を、空間化し、かつ観光研究へと展開させたのは、「周縁の場所」という論集において海浜リゾートであるブライトンやハネムーンのメッカであるナイアガラの滝を論じたシールズの研究である*15。シールズはブライトンの浜辺を「境界域liminal zone」(もしくは「境の場所liminal place」や「境の空間liminal space」)という空間化した表現で指し示し、バフチンのカーニバルの議論にも依拠しながら、その境の空間が非日常的実践の空間たることを指摘し、「治療」→「娯楽」→「汚れた週末」へと境の空間が文化的に生産され変容する過程を描き出した。また彼の議論を受けたヘザーリントン*16は、ターナーの境界性の議論をフーコーのヘテロトピア、もしくはマラン*17が「空間の遊戯」という空間の実践として論じた「ユートピア的なものutopics」と結びつけ、イギリスの新世代の旅行者たちにとってのストーンヘンジの持つ役割を描き出そうとした。このように境界性の思想は、空間的思考を経由して、観光の研究、わけても観光の目的地を論じるための概念として積極的に活用され始めたといえる。

このような境界性、もしくは周縁の境の空間に注目する研究は、中心-周縁という二項対立的な認識にあるが如く、特に祝祭論的見方をとる研究者を中心に「他所other place」としての境の空間の性質を強調してきた。実際、サイードをはじめとして多くの論者が提起したように、ステレオタイプ化された「他所」こそが魅惑の源泉なのであり、観光の動機はまずここに存在する。特にリゾートなどの社会的に認められた娯楽の空間は、日常生活世界とは異なる他所のイメージが布置された場所として、シールズの用語でいう社会空間化social spatializationされていると考えられる*18

 

(2) 観光現象を支えるもの-中間としての両義性-

ただし、ターナーが「反構造」を象徴的構造の劣性のみに限定し、無意識の構造が境界性の段階に存在していること認めざるをえなかったように*19、常に境の空間には日常生活世界に見出される要素が見え隠れする。そのため観光現象は、非日常の時空に真正性を求める現代の巡礼であるとするマッカネル*20のような「オーセンティシティの追求」説と、おなじみの「環境の泡」のなかで執り行われるとするブーアスティン*21のような「疑似イベント」*22という相反する理解がなされるようになった。

 

*15 前掲5の1]

*16 Hetherington, K., ‘VANLOADS OF UPROARI0US HUMANITY: New Age Travellers and the utopics of the countryside'(Skeltony, T.and VaIentine, G.eds., Cool Places: Geography of youth cultures, Routledge, 1998), pp.328-342.

*17 マラン, L. (梶野吉郎訳)『ユートピア的なもの-空間の遊戯-』、法政大学出版局、1995、412頁。

*18 前掲5の1]

*19 前掲12

*20 MacCannell, D., The tourist: a new theory of the leisure class, Macmillian Press, 1976,214p.

*21 ブーアスティン,D. J. (星野郁美・後藤和彦訳)『幻影の時代-マスコミが製造する事実-』、東京創元社、1964、340頁。

*22 1]山下晋司「観光人類学案内-〈文化〉への新しいアプローチ-」(山下晋司編『観光人類学』、新曜社、1996)4-13頁。2]前掲11

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
270位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
40,166

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.1999年国際観光概観
2.世界観光統計資料集
3.A Guidebook for Tourism?Based Community Development
4.平成12年度継続的発展可能な観光地づくりに関する調査報告書
5.機関誌「賑」特集「第7回地域伝統芸能全国フェスティバル(和歌山)」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から