日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

コンポージアム2001プログラム

 事業名 武満徹作曲賞コンクールと現代音楽ワークショップ
 団体名 東京オペラシティ文化財団 注目度注目度5


FINALIST'S PROFILE

窪田隆二(日本)

Ryuji Kubota, japan

 

028-1.gif

1965年10月13日生まれ。18歳より独学で作曲を学ぶ。1990年より神奈川県内の私立高校の現代文教諭。

 

programme note

オーケストラのための「石/星」

Stein/Stern for orchestra

光を奪われ、廃墟の無機物にも等しくなった者たちが、彼方から即自的な光を放つ「星」としての「石」(鉱質打楽器)たちに、どのような息遣いや声で近づけるのか、それがこの曲の出発点でした。遍在し沈黙する音たちの破片は、それだけでは名も意味も持ち得ない、ただの「物」です。しかし彼らに固有の振動があるならば、光に響き合い、光の痕跡(余韻)を追うことによって形作る一瞬の音の「星座」は、一つの可能態としての輝きを放てないだろうか。そして、その不可視の光は、未だ沈黙している「石」たちを救い出す、導きの星となる事が出来ないだろうか。

だからこの曲は、「石の眼差たちを追う旅」(パウル・ツェラン)、いつも途上にある旅です。

 

FINALIST'S PROFILE

028-2.gif

 

028-3.gif

1969年2月2日ハンブルクに生まれる。12歳でクラシック・ギターとピアノを習い始め、作曲も始める。1988年から95年にかけて、ハンブルク音楽大学と劇場にてウルリッヒ・レイエンデッカー氏に師事し、作曲と理論を学ぶ。その後、フリーの作曲家として活動する一方、1989年よりPeer Music Germany(出版社)のポピュラー音楽のアレンジャーを務める。2000年には第1回ゲッティンゲン・ギターセミナーにおいてギターソロ曲で第3位入賞。

 

programme note

形象―鏡像

Gebilde-Gegenbild

《形象―鏡像》(1999)は、ここ5年の間に書かれた一連の作品(これとは異なりすべて室内楽曲だが)のしめくくりとなる曲である。これらの作品は、すべて、様々な軋轢と矛盾を扱うという共通の要素をもっており、それが時間―速度や空間―間隔の比率といった音楽的パラメータに変形され、独自に差別化された音楽の永続する対立として表現される。

この標題で私が明らかにしたかったのは、スコアのなかで主に垂直方向に見える重要な構造上の特徴である――すべての表象は、各部分が時間経過の相と垂直面のなかに分解してゆくように結び合わされている。このようにして、それぞれの部分は常にその鏡像(Gegenbild)をつくり出す。すべての部分が集まって「形象」すなわち(音楽的)対象物、それぞれの構造、そして「作品」、をかたちづくる。

楽譜の末尾に、パーシー・B・シェリーの詩「解き放たれたプロメテウス」の一節が引用されている。

 

…そして、一つの音、上に、まわりに一つの音が下に、まわりに、上に動いていた、それは愛の根源だった…

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,679位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
1,344

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.コンポージアム2000ちらし
2.コンポージアム2001「2001年度武満徹作曲賞本選演奏会」写真
3.武満徹作曲賞募集要項
4.受賞者決定プレスリリース
5.普及テレビ放送台本「吟詠 新春に詠う−新世紀の春を詠う−」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から