日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

和船・舟大工等に関する調査

 事業名 海洋・船舶の実情調査及び研究等
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


「和船」、「船大工」等に関する調査について

 

はじめに

 

本調査は、日本財団海洋船舶部により、日本各地の博物館、造船所にアンケート調査を実施し、その結果を取りまとめるとともに博物館・資料館についてのデータベースを作成したものです。

 

日本財団は、創立以来今日まで30年以上の間、海洋船舶の分野において、先進的な船の技術開発を支援してまいりましたが、日本の船を見直し、先人の知恵を後世に残すことも海洋国家日本にとって欠かすことができない重要な課題ではないかと近年考えるようになりました。

 

日本は四方を海に囲まれていることから、昔から船は物資等の輸送手段として重要であり、日本の自然や用途に合わせ、さまざまな船(和船)が建造されてきました。しかし、明治以降、日本の近代化が進むにつれ、和船は動力船に取って替わられ、次第に建造されなくなったことに伴い、「和船」、「船大工」、「漁労習俗」等の社会的な資産とも言える貴重な資料が失われつつあります。

 

そこで日本財団海洋船舶部では、失われつつある「和船」について各地の博物館・郷土資料館等を通じ全国的に保存状況の調査を行うとともに(財)日本小型船舶工業会の協力を得て木造船を建造できる「船大工」及び道具・機材等についてアンケート形式による調査を行いました。

本調査結果及び調査結果から作成したデータベースは、貴重な日本の木造船技術の資料の保存・管理と次世代への文化的な遺産継承のため、個性豊かな地域の振興や活性化を図るため、さらには2002年から実施される「総合的な学習の時間」に伴い小中学生が自分達の地域の歴史や文化を調べるための基礎資料として活用されれば幸いです。

 

末筆になりましたが、貴重な時間をさいて調査にご回答頂きました方々にこの場を借りて厚くお礼申し上げます。

 

2001年5月

日本財団 常務理事

寺島紘士

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
763位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
12,760

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.続日本の海岸はいま… 九十九里浜が消える!? ?漁港と海岸線の変遷?
2.木造船に関する基礎調査報告書
3.「和船」「船大工」に関する調査報告
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から