日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「memento mori長崎1999」報告書

 事業名 「ホスピスに関する啓蒙活動」の実施
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


そのためには、病む人の友達になる、死にゆく友達のそばにいてあげるという、シシリー・ソンダース先生が言われたこと、つまり「患者と共にありなさい」という言葉が深い意味をもっているということがわかるのです。ホスピスは建物ではない、患者と共にあるそのあり方がホスピスであって、それは一般の病院でもそれが具現されなくてはならないということを、このシシリー・ソンダース先生は私たちに教えてくれたのです。

ソンダース先生もずっと独身だったのですが、死にゆく患者に愛情をいだかれれたことがあったようです。二人あったそうです。そして、三人目の絵描きさんと結婚されました。私はソンダース先生に、「あなたは三人の人を愛したのだけど、亡くなって天国に行ったらどういうふうに会いますか」と聞きましたら、「ノープレブレム、ノープレブレム」と言って笑っておられました。

彼女の生き方から私たちはずい分教えられました。その中でも特に「ビー・ウイズ・ザ・ペイシェント」という言葉は非常に大切です。点滴をするときに、私は看護婦さんに言います、「点滴の数を数えることが仕事であると思って患者の顔を見ないで点滴の瓶を見ているナースがいるけれども、そうではなくて、あなたの忙しい時間を点滴しなさい。それがホスピスケアで、それが本当の愛のケアなのです」と。そういうことを私はケアする患者さんから数多く教えられてきたのです。

どうか皆さん、いろんな仕事をやっておられますが、どうか世界には多くの不幸な人があることを覚えながら、ものの潤沢な日本のなかに、そして子どもは潤沢さのためにスポイルされているなかに、分け与えるという気持ちが乏しくなったなかに、どうか、この原爆を経験した長崎の方は、分け与える、共に悩むということ、そのことによって皆さんの感性を高くすることによって、皆さんは死に向かって成長をする人間として伸びていかれることを、私は心から願って、私の講演を終わりたいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,452位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
6,202

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.memento mori長崎 第1巻
2.memento mori長崎 第2巻
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から