日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


彼らがいたおかげで、いろんな知識を補ってもらった。疲れたとき、辛いときにも励ましてもらった。いろんな自分とは違った考え方を教えてもらった。柄にもないことをいうようだけど、心から感謝したいと思う。ありがとうございました。

実は火葬の前日。僕は、なかなか寝付けなかった。しばらく、実習を終えて医者の道を歩んでいく自分を感じていた。初めのうち、胸をよぎる重たい感情に気がつかなかった。それが恐怖と不安だと気づくのに時間がかかった。自分が人間が人の命に関わる仕事をするようになる。そう思ったとき恐れを感じていた。そのあと、なぜか涙が流れていた。でもそれは怖かったからでも、不安だったからでもなかった。

翌日、僕は感謝の念を込めてお骨を拾い、最後にYさんと自分に誓った。「僕は、医者になります」

 

医師になる為の自覚

高山和生

 

私が医者になろうとしたきっかけは父の死である。父が医者であったがために、自分の体を蝕んでいる病気の断定、今の病状、自分の死期はいつかなど、逐一知ることができた父。その想像もつかない恐怖に対し少しも恐れを見せず、その死に立ち向かっていった。私はそんな父の姿に感動しあこがれ、医師になろうと思い、さらにガンで逝った父の苦しみを見てホスピスの重要性に気付き、ホスピスを目指そうと思った。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
69位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
147,611

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から