日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


みること

亀田勝治

 

解剖実習の始まり……。初めて御遺体と対面する瞬間であり、生きていない人間との対面だった。周囲の友人の、普段通りの何気ない会話が広がっている実習室から少しずつ緊張と恐怖と不安の色が漂い始める。不快な気分が胸のなかにこみ上げてき、同時に身の引き締まっていくのを感じた。「がんばらねば……」

慣れというものは恐ろしい。二日もすると解剖の作業に必死になり「死」のイメージは頭から無くなり、実習に没頭した。それからしばらくは、御遺体への感謝の念と医学生として解剖をやっているのだという自負心から緊張感のある実習ができた。しかし、一ヶ月後に私は一つの壁にぶつかってしまった。予習した場所がうまくみられなかったり、長時間の作業の末、名前と部位の確認に終わる毎日。自分が思い抱いていた実習ができず「実習とはこんなものか」と何となくあきらめにも似たような気持ちがうまれてしまっていた。

そんなとき御遺体のYさんから一つの破格が見つかり、その部位をスケッチすることになった。今までとは違い、一つの箇所をじっくりと観た。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
65位
(28,995成果物中)

成果物アクセス数
154,694

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月12日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から