日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて

下野綾子

 

九月から十二月まで、ほぼ毎日あった解剖実習が終わりました。第一日目に、全員で黙祷して御遺体と初めて対面した時の事を覚えています。白い布の下には、自分の親族の葬式でしか見たことのない死者の顔があり、緊張と、自分が今から行う事の重大さに思わず目眩がしました。といっても、おじけづいているだけでは実習は進みません。先生方の指示通りにとりかかることになりました。

今までずっと本の中や授業中に学んだものでした。絵や写真、文章で何度もお目にかかっていましたが、自分で解剖をすると、その時と比較にならない程の存在感や現実味をもってせまってくるのが分かりました。神経の走行や、それが支配する筋。血管のつながりや名称。腸間膜など、発生からの知識。ありとあらゆる所を解剖するにつれ、どんどんと世界が広がり、体の様々な場所があらゆる方法でつながり、機能しているのが理解できました。それと同時に、自分がいかに理解が浅かったかも分かりました。生徒が右往左往していると先生方が手をかして下さいました。

実習の合間によく考えたのは、献体をして下さった方々のことでした。もちろん、どの方も私より高齢でおられて、ここにこうして私がお会いするまでに様々なドラマがあったであろうことは、簡単に想像できました。また、遺族の方々はどんな気持ちでおられるだろうとも考えました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
168,531

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から