日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


このことで生について死についての考え方がまた変わりました。この問題に関しては、永久に結論は出ないような気がしています。しかし、これからは以前のように避けることなく生と死について考え続けていきたいと思います。それが人の体を扱う医師や歯科医師にとって考えるべき大切なことであるからです。

 

解剖学実習を通して学んだこと

鷹取治

 

初めに、献体をされ私たちの解剖学実習にご遺体をご提供下された先達と、ご遺族の皆様方に心から感謝申し上げます。

解剖学実習室に初めて入ったとき、これまで経験したことのない感覚に包まれました。それは、ある種の恐怖にも似ていますが、荘厳さと言うべきものかもしれません。この場でなければ決して実感することのない感覚であると思います。眼前に横たわられた先達は、みな物言わぬ人たちです。死という現実に直面して、恐怖感に似たものを感じたのは事実です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
168,531

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から