日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖実習を終えて

高山研一

 

「死」は生の終焉を意味するという点では、ひとつの事実として認識されているが、「死」への想い、考え方、即ち死生観という観点から見た場合、人それぞれ違った考えを持っているというのは興味深い。頭のなかでは「死」というものが理解(わか)っているが、心のなかで想っていることは、必ずしも他の人々と同じではないということである。そのひとつの理由として宗教観や文化的背景が我々に影響を及ぼしているのであろう。一般に日本では、死んだ後も、その人の魂は遺体に宿っているという死生観があり、死体を損壊することを忌み嫌う傾向がある。日本で臓器移植が定着しない理由も、このような背景があるのだろう。

そのような状況のなかで、自らご遺体を献体なさってくれた方と、その御遺族の皆様にはひたすら感謝の意を表したい。そこに至るまでの決意には葛藤のようなものがあったであろうし、生半可な気持ちでではなかったのであろう。また、我々医療サイドの人々への強い信頼感も持っていて下さったに違いない。実習の最中、度々私は亡くなられた方と御遺族の方々へ思いを馳せた。どのような想いで献体されたのかとか、彼らの遺志を無駄にはできないという強い使命感、責任感のようなものを感じたりした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
146,252

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から